安眠するための生活習慣

安眠するための生活習慣

不眠症はただ眠れないというだけでなく、
どうしようと焦れば焦るほどストレスになって
また不眠の原因に・・・
という悪循環が大きな問題です。

 

こんなとき、できればあまり
睡眠薬に頼りたくないですよね。

 

普段の生活の中で、こんなことに気をつけておけば、
いざというとき安心です。

 

それは生活のリズムを整えることで改善できます。

 

人間には、1日周期でリズムを刻む
『体内時計』が備わっています。

 

この『体内時計』を整えておくことで
人は、夜になると自然な眠りに導かれます。

 

また、『体内時計』は毎朝光を浴びること
でリセットされ、一定のリズムを刻みます。

 

まず朝は、窓を開け、光を取り込みます。
起きてコップ一杯の水を飲み、
きちんと朝食をとるようにしましょう。

 

お昼間は、一日座りっぱなしでは無く、
散歩や適度な運動を取り入れて
しっかり体を使いましょう。

 

また、クーラーなどによる体の冷やしすぎには
注意してください。

 

夜は、夕食を早めにとり、寝る前に
仕事やメールをしない、
寝るときは部屋を暗くすることなどです。

 

人は脳にある『体内時計』の指令によって、
昼間は覚醒して夜は眠りにつくという
リズムを繰り返します。
これを睡眠覚醒リズムといいます。

 

昔に比べて、現代は夜更かしや
暴飲暴食・運動不足・ストレスなどで
異常に交感神経がたかぶったりすることが多く、
どうしても不眠を招いてしまいがちです。

 

ぜひ快適な安眠ライフを過ごすためにも
このリズムを守って『体内時計』を整えましょう。

いろいろ工夫してもなかなか熟睡できない時は
こころの青汁を試してみてください。
公式サイト→こころの青汁マインドガード専門店
マインドガード
*追記*
こころの青汁マインドガードDXは
今は粒タイプもあります。
旅行時には便利です。
マインドガードDX粒タイプ
比べると液体の方が吸収度は良いので
家では、やはり液体タイプがおすすめです。